英語が話せないと仕事にならない?外資系企業で求められる語学力を理解しよう!


国際的な公用語である英語は外資系企業では必須

外資系企業は外国との取引を多く行うイメージがあるため、英語が話せないと入社すらできないと思われがちです。外国人と接する機会が無い仕事もあるのですべての外資系企業が英語必須というわけではありませんが、外国との取引は様々な業種で普通に行われている業務なので、英語を話せるに越したことはありません。また、英語は国際的な公用語になっていることから、英語圏以外の国や地域とのやり取りであっても英語の読み書きの能力が求められるケースがあります。外国の言葉なので習得が難しい問題がありますが、外資系企業の多くは諸外国との繋がりが普通にあるので、英語の読み書きや会話についてはある程度の能力が求められます。

重要なのは良好な人間関係の構築

外資系企業は個人主義、結果主義のイメージがあり、実際にそのようなスタンスで運営している所も少なくありません。しかし、商取引は人と人のやり取りである点はどのような企業でも変わらない真理です。いくらビジネスマンとしての能力が高く、英語を堪能に話せるとしても良い人間関係を作れなければ優秀な人材とは言えません。個人主義を尊重する外資系企業であっても、友好的な関係を構築できるコミュニケーション能力の持ち主が重宝されます。社交的で人柄が良く、気さくに会話ができる雰囲気があれば語学力が多少不足していても必要な人材として迎えられることは決して珍しくありません。人どうしの交流を大切にできなければ仕事も上手くいかないとするのが外資系企業に多く見られる姿勢なので、英語の教科書とにらめっこをするよりも人との接し方を見直すことが重要になります。

経理の転職の際には、企業内での会計や原価計算などの経験が豊富な人や、簿記のライセンスがある人が重宝される傾向が見られます。