外資系企業で活躍したい!求められるスキルとは?


実務経験がなにより大切!

転職で初めて外資系企業に挑戦するときは、「なにか特別なスキルが必要なのではないか」「自分の能力では無理かも」といろいろと不安な気持ちになりますよね。しかし、いままで外資系以外の会社で何年か勤務実績があれば、その経験はしっかり評価してくれるのでそれほど心配しなくても大丈夫です。一方で、気にしておきたいポイントは、国内企業では営業をしていて、外資系企業に経理職で転職するというようなケースはほとんどないということです。なぜなら、外資系企業は欠員が出たら即戦力の人を採用する傾向があるので、その仕事をこなせるスキルを持つ実務経験者が優先される可能性が高いからです。

社風に合う人物か案外みられている?

同業種・同職種で仕事をした経験があれば、たとえ初めて外資系企業に応募したとしても、面接まで進む可能性は十分あり得るでしょう。問題は、面接での応対です。外資系企業では、それぞれに異なる社風があるので、そのイメージに合っているかどうかを案外気にするケースがあります。そのため、気になる外資系企業があり、応募したいと考えている場合は社風をしっかり研究してから面接に臨むことが大切です。このように社風を理解して、すぐに合わせられるような臨機応変なコミュニケーションスキルは、外資系転職においては意外に大切なポイントかもしれません。

語学は堪能でなければだめ?

外資系企業といっても、アメリカなどの英語圏が本社の会社から中国語をメインに使う国が本社である場合などさまざまです。そのため、語学スキルは応募する会社によって多少求められる内容が異なる可能性があります。しかし、一般的に英語で仕事をした経験があれば、安心といえるでしょう。

外資 ITとは、外資系のIT企業のことを指します。企業自体だけでなく外資系IT企業の求人募集や、求人募集を取り扱っているサイトについても指す言葉です。