新卒採用応募数が飛躍的に増加する説明会とは!?


ターゲットに合わせて選ぶ!説明会の場所

学生優位の状況が続く新卒採用。一部の超大手企業を除いて、多くの企業では採用人員数を確保することに、日々苦労しているのではないでしょうか。十分な採用人員数を確保するためには、まずは入り口である会社説明会への参加者数を、しっかり確保する必要があります。それでは、どのような会社説明会を開催すれば、応募数、ひいては採用人員数を伸ばすことができるのでしょうか。

まず一つ目の重要なポイントが、会社説明会の開催場所です。通常は、会社で実施されることの多い説明会ですが、ターゲットを絞ってほかの会場で開催することも効果的です。例えば、特定の大学や学校出身者の応募を増やしたい場合は、その大学や学校で開催される説明会に参加するとよいでしょう。就職を支援している課等を訪問して、参加伺いをしてみましょう。また特定の地域勤務希望者の応募を増やしたい場合は、就職サイトがその地域で行っている合同企業説明会や、地域のハローワーク主催の説明会に参加すると効果的でしょう。このようにターゲットによって説明会の開催場所を選ぶと、効率よく応募数を伸ばしやすいです。

工夫を凝らして足を止める!ブースのレイアウト

開催場所のほかに応募数を増やすポイントは、説明会の装飾物やレイアウトです。特に多くの企業が集まる合同企業説明会では、いかに目を引くブースをつくって、訪問者数を伸ばすかが重要です。来場者の動線を推測して、歩いているときに目の留まりやすい位置にポスター等を配置したり、動画や音声を使ってアピールをしてもよいでしょう。ブース設営に関しては、説明会によって規定があるので、その範囲内で工夫を凝らしましょう。

新卒採用コンサルティングは、全国の人材紹介会社などで行われており、民間企業の人事担当者にとって頼れる存在となっています。