薬剤師ってどんな資格なの?薬のことを質問できるの?


薬を調剤する専門の資格

ドラッグストアに行けばいろいろな薬が買えます。適当に選んでレジに持って行くと普通に精算をしてもらえます。しかし最近は店頭に並んでいる商品も一定の手続きをしないと買えない薬が出てきました。その薬には薬剤師による説明が必要と書かれています。では薬剤師はどんな資格なのかですが、薬の調剤を専門的に行う資格です。国家資格になっていて、誰もが自由に勝手にできるわけではありません。薬に関する高度な知識を持っていて、病状などに合わせた薬の提案であったり、医師が作成した処方箋に基づいて正確に薬の調合を行います。調剤薬局などで調剤業務を行う人が多くなっていますが、ドラッグストアで販売業務をしたり、病院で調剤業務をする人もいます。

病状に適した薬の提案

風邪をひくと風邪薬を飲むと症状が治まります。実は風邪薬は風邪の原因であるウイルスを撃退するための薬ではありません。風邪の時に現れる咳や鼻づまり、体温の上昇を抑えたりするための薬です。病院などでは医師が症状に合わせて的確に処方をしてくれますが、ドラッグストアでは通常は自分で選んで購入する必要があります。沢山ある薬から何を選んだらいいかわからない時、店にいる薬剤師に聞くと症状に合った薬を提案してくれるかもしれません。鼻づまりがひどくてどうしようもない時、鼻炎の症状を抑えるタイプを勧めてくれます。風邪薬は同じように見えますが、それぞれで効能や副作用が異なります。他の病気などでも同様に適した薬を教えてくれます。

薬剤師 シニア 求人はポータルサイトを活用すれば、シニアの方でも自分に合った薬剤師の仕事を探してくれます。