歯科衛生士の仕事内容と求人の探し方について解説


歯科衛生士はどんなお仕事?

歯科衛生士とは、歯科医師の治療の補佐をする歯科における看護師のような職業です。フッ化物塗布などの薬物塗布や口内の汚れを除去する歯科予防処置、診療を円滑に進めるための歯科診療の補助、歯磨きや食生活の指導などを行う歯科保健指導の3つが三大業務とされています。歯科衛生士は歯科助手とは異なり国家資格が必要な仕事です。厚生労働省指定の養成機関で教育受け、国家試験に合格することで歯科衛生士になれます。治療を中心としていた医療から、虫歯予防や指導を重要視するように変化していく中で、歯科衛生士の需要も高まっています。

歯科衛生士の求人の探し方

歯科衛生士の仕事の探し方の一つは、求人サイトや求人エージェントを利用することです。特に専門性の高い求人サイトを利用することが重要であり、非公開の求人を見つけられる場合もあります。医療系の派遣会社や人材会社を利用することもおすすめで、業界に精通しているアドバイザーが在籍し、有効なサポートが得られやすいことが利点です。努めたい歯科医院があるのなら、歯科医院に直接申し込んでみることも良い方法です。ホームページから応募することが可能な歯科医院もあり、ホームページが存在しない場合でも電話によって問い合わせてみても良いでしょう。ほとんどの歯科衛生士は、資格を得るために専門学校や短大などを卒業しています。そのため学校に対して求人を載せていることも多く、学校から紹介してもらうケースも多いです。また、歯科医院に勤めている知人から仕事を紹介してもらうケースも存在します。

歯科衛生士の転職は難しくありません。歯科助手とは違い、国家資格のため、何処の歯医者でも必要とされる人材です。